不動産会社のための銀行融資・資金調達方法

まずは、実際の“生の声”をご覧ください。

正直、この私に感想の声をもらいに来るとは思いもよりませんでしたね(笑)

内容を読ませて頂きましたが、そんなに差はないと思いますよ。
確かに私の情報は古いので使えない小手先テクニックも多々ありますが。

しかし、常に最新の情報を提供できる点は、ズルいですね。
添削までするんですか? ありえないですね。

融資コンサルタント

『銀行融資マニュアル』を読んで、今まで何をしていたんだ!?と思いましたね。

融資に裏技なんかあるわけないですし、言われてみれば当然のことばかり。銀行側のシステムに沿って考えれば当たり前のことばかりですよね。

本当に納得のいくことばかりでした。おかげさまで、無事に融資がおりました。
ありがとうございました!

大手ゼネコン下請け会社 経営者

取引のある銀行担当者に借り入れの貸付条件を相談してもはっきり答えてくれない事がありましたがこのマニュアルを読んで全てわかりました。

読むとなんて事ないですが、知らないと融資は難しいですよね。
また、こんな値段で何度も添削して頂いて申し訳なかったです。

人数限定しないとこの対応は難しいのでは??
と思う満足な対応でした。

ありがとうございました。またお願い致します。

不動産会社 経営者

不動産会社社長の悩み…

写真はじめまして。
大手銀行で融資担当をしている佐々木です。

いままで1,200社以上の会社の決算書を見てきた嘘偽りのない“現役の銀行マン”です。現役で仕事をしているので、正直なところ、名前は「仮名」です。

私は地域的な要因もあって、とりわけ不動産会社の社長と会うことが多いです。

今の時代ですから、不動産業は特にキビシイ業界のひとつになっています。

たとえば、こんな相談がよくあります。

不動産会社A社長

景気低迷により得意先からの受注が大きく減少しました。売上が前年の半分です。金融機関からの借入について貸付条件の変更のお願いをしようと思っております。

しかし、知り合いの税理士の先生や契約している金融コンサルタントの先生より「これは事実上のリスケジュールであるから銀行は社長の会社を要注意先に分類するため追加融資が受けれなくなりますよ。」と聞きました。

取引のある銀行の担当者に相談してもはっきりしたことを教えてくれません。

すぐさま毎月の返済ができなくなるわけではありませんが、いずれ返済が厳しくなります。どうしたらいいでしょうか?

不動産会社B社長

うちの会社は毎期ちゃんと利益をだしております。今期の経営環境は厳しい中、私自身の役員報酬や従業員の給与の削減をしてわずかですが黒字なりました。

しかし、銀行の担当者は追加融資について色よい返事をいただけません。以前銀行の担当の方に「会社が赤字であることと債務超過が解消されれば追加の融資がうけられますよ」と伺いました。でも、このありさまです。

我々のような中小零細企業には銀行はお金を貸す気がないのでしょうか?

不動産会社C社長

銀行員の考えが分かりません。あるとき急に「御社は非常に良い会社です。借りて下さいよ」と言ってきました。お付き合いで1,000万円だけ借りたのです。

3ヵ月後、新規の受注が獲得でき運転資金として500万円の借入のお願いをしました。

しかし、銀行担当者は「いやー前回お借りいれしたばかりじゃないですか?今回は厳しいです」と手のひらを返す発言をしてきました。

前回、銀行からセールスしてきたときは、「使う目的もなくてもいい」といってたくせに今回こちらからお願いしたら、ダメの一点張り、なぜそんなことをいうのかわかりません・・・。

あなたもこのような経験はないでしょうか?

でも、そんなときに、本や雑誌、コンサルタントの言うことをそのまま聞いてしまうと、危険です。

「本・雑誌」「資金繰りコンサルタント」「元銀行マン」
の情報を鵜呑みにしてはいけません。

銀行をバカにしていませんか?

現在の経済状態は、ビジネスを行っていくには厳しい環境になっています。
しかし、日々、経済活動は行われます。

会社をたたまない限り、売上を上げて、利益を出していく必要があります。
ただし、すぐに結果が出ないことの方が多いでしょう。

こういうときに、「融資」が必要になるのです。

同時に、“融資を受けるための情報やサービス”が世に出てくるようになります。

書籍・雑誌

あなたも、すでに様々な情報に当たっていると思います。

それがきちんとした情報であれば、問題ありません。

私自身、いくつか目を通してみました。

しかし、「こんな内容では貸さないぞ!」という情報ばかりだったのです。

“こんな方法”では銀行は貸しません。

融資を受けるための情報というと、裏技的なものが多いように感じます。
「とっておきのノウハウ」というような形で紹介されています。

しかし、真実でない情報も多いのです。
たとえば・・・

「メインバンクには預金を置かない」ことについて

よく「資金調達コンサルタントの本にメインバンクにはお金を置くな」というのがみうけられます。会社の業績が傾いたときに、預金を狙われる気持ちがするからです。

しかし、銀行員は馬鹿じゃありません。年商5億の会社であれば運転資金は2カ月分程度の現預金は保有しているはずです。また毎年の決算書の預金の額からある程度の現預金残高は把握できます。

社長が「現金は全然ないよ」といっても、銀行側は「ウソつけ決算書にこんなにあるくせに、この社長は信用できない」と思っているのです。

「会社が黒字で純資産がプラスであれば融資を受けられる」ことについて

会社が黒字で純資産がプラスだと必ず融資が受けられるようなことを言っている方もいますが、「実質経常赤字」により融資が受けれないパターンがあります。

「赤字の会社は融資が受けれない」ことについて

赤字の場合でも、実は、「経常利益+減価償却費」でキャッシュフローが回っていれば融資が受けられるのです。(後述します)

 

ここで厳しいことを言いますが・・・
実は、これらのノウハウでは銀行は貸さないのです。

“銀行が知らない情報”を本や雑誌、はたまたコンサルタントが知っていると思いますか?

そんなハズはありません。
実際に法律に則って融資を行っているのは、銀行なのですから・・・。

「とっておきのノウハウ」と言ってチラつかせているのは、結局は“ただのテクニック”なのです。

小手先のテクニックだけが出回り、“本質”が放ったらかしになっています。

いや、むしろ彼ら(コンサルタントや書籍を書いている人たち)は、その“本質”を知らないだけかもしれません。

もちろん、ビジネスですから、銀行も「貸したい」と思っています。

銀行も商売をしています。いずれはどこかの企業に貸し出しを行って、利益を上げていく必要があるのです。

ただ、返済がちょっとでも危ないと感じたら融資をしません。

ここが銀行の矛盾点かもしれませんが、「融資の必要のない財務状態の企業」には積極的に貸し出し、「本当に融資が必要な企業」にはなかなか貸してくれないのです。

あなたの会社の「格付け」は…

「貸す/貸さない」という判断をするために、 銀行は会社を格付け(分類)しています。

もちろん、どういう風に分類されたかは教えてくれません。
だからこそ、多くの方が私のところに相談にいらっしゃるのです。

「不動産会社社長の悩み」のところでもご紹介したように、
利益を出しているのに、貸してくれないという状況もあります。

銀行はお客様からいただいた決算書をもとに、「お金を貸せる会社と貸せない会社」に分類しています。

「格付」をする際には金融庁からの指導の元、幾つかルールがあります。

この方の場合、そのルールに基づいた結果、お客様の会社があまり貸せない会社に分類されてしまっていたのです。

銀行の考え方・ルールを知らなければ、いつまでも意味のない情報に振り回されてしまいます。

たとえば、あなたは“資金繰り表”を持っていますか?

資金繰り表財務状況を把握するために必要になるのが「資金繰り表」です。

資金繰り表とは、カンタンに言ってしまえば、現金の流れを知るための表です。

銀行が重要視している資料ですが、中小企業では、きちんと用意している方は、少数になります。

アピールすべき材料なのに、きちんとアピールしていないのです。
顧問の税理士が教えてくれないこともあります。

ですから、融資を受けたいのでしたら、税理士の先生の言うことを聞く必要はないのです。

要は、銀行側にとって「貸しても良い企業」と判断されればよいだけなのです。

実は、赤字会社でも、融資してくれる場合があります。

現在の経済状態ですから、黒字を出すのにも一苦労です。
「赤字のときこそ借りたい!」という社長も多いのではないでしょうか?

実は、赤字の会社でも融資してくれる場合があるのです。

たとえば、

すれば貸してくれる場合があるのです。

このような情報をもっと知りたい?

わかりました。

「不動産会社に対して、どのように融資の判断をしているか?」を私がすべてお教えします。

ここまでは、世間で意味のない情報が出回っていることや、銀行側の見方についてご紹介してきました。

私自身、12年間の銀行員生活の中で日々自問自答しています。

「なんで銀行側から考えないのだろう…?」
「あぁ、○○が重要なのに。もったいないなぁ…」

そんなことを窓口で相談に来られた方に対して思っていました。

はじめは疑問に思っていましたが、ついに1つの答えができました。

「そうか! どうやって銀行がお金を貸す/貸さないの判断をしているのか知らないんだ…」

当たり前の答えでしたが、これが本質です。コンサルタントや雑誌などの情報しか出まわっていないので、銀行側の考えがわからなくなっているのです。

「銀行のやり方を知れば…」そう思って、私はこのサイトを作りました。

そして、銀行がどういう風に融資の判断をしているのかを知るためのマニュアルを作成したのです。

マニュアル

このマニュアルには…

なぜ、黒字でもお金を貸してくれないのか?

たとえ黒字を出していても、銀行は“ある基準”をもとに貸してくれないことがあります。その理由からまず知っていただきます。

どうやって貸す/貸さないの判断をしているのか?

1番大切なポイントです。貸すかどうかの判断を普通の人は知りません。実は、資金調達コンサルタントも“本当のところ”を知りません。

そもそも銀行は決算書を見て、何を考えている?

決算書といっても“見ているところ”があります。銀行側がどういうところを見て、何を考えているのかを知っていく必要があります。

どうやって会社を分類(格付け)しているのか?

あなたの会社の「格付け」を知っていますか? どのランクにあるのかということです。基準をもとに分類しているのですから、格付けが低ければ、それなりの対策が必要になるのです。

格付けを上げるために必要なこととは?

格付けが低かった場合、銀行は融資をしてくれない可能性が一気に高まります。融資を受けたいときは、格付けを上げていく必要があるのです。その方法とは?

与信判断の「融資の5原則」とは?

銀行が持っているテキストには「融資の5原則」というものがあります。5原則をもとに判断をしているので、5原則の観点から、見直していきましょう。

交渉するうえで知っておくべき用語とは?

銀行に行く際に、何の知識も持たないまま相談するのは非常に危険なことです。相談するなら、相談する上で「知っておくべき用語」を学んでおきましょう。

銀行員の現在のノルマはどうなっている?

銀行も事業を運営しているので、「ノルマ」が融資担当者に存在しています。そのノルマがどういう風な形になっているかを知りたいと思いませんか?

借り入れをしてはいけないところとは?

銀行が貸してくれないからといって、他のところに借りに行かれることもあるでしょう。でも、銀行から後々借り入れをしづらくなるところもあるので、チェックしておいてください。

人間性(好き嫌い)は関係ある?

融資担当者も人間です。好きな経営者も入れば、嫌いな経営者もいます。数字だけを追っているわけではありませんから、好きな方には、“有利な情報”をもらうことができるのです。あなたはその対策をしていますか?

正直、借りやすい時期とは?

絶対というものはありませんが、借りやすい時期というものは存在します。それはノルマに関係するところです。知っておいた方がお得な情報をお教えします。

 

・・・といった内容が書かれています。(全49ページ)

このマニュアルをあなたにご提供したいと思います。

でも、ちょっと待ってください。

さらに…

マニュアルだけでは不十分です。
なぜなら、「読んで終わり」になってしまうからです。

そうならないために、次の特典をお付けします。

不動産会社向け“銀行マンに効く”資金繰り表テンプレート

資金繰り表が大切だということはすでにお伝えしました。
繰り返しになりますが、税理士も詳しく知らなかったりします。

マニュアルだけ読んでも、「どう活用していけばよいか?」がわかりにくいかと思いましたので、資金繰り表のテンプレートをお作りしました。

人によっては、マニュアルよりもこちらの方が価値のあるものになるかもしれません。

当てはめやすいように「業種別」にも対応できるものをご用意させていただきました。
ぜひ、活用してください。

<配布形式について>
マニュアル内に掲載していますので、コピーしてご利用ください。
パソコンをご利用の方は、マイクロソフト「エクセル」形式のファイルも配布しております。演算式が入っておりますので大変便利です。(ダウンロード方法はマニュアル内に記載)
※このファイルは、エクセル97-2003,エクセル2007での動作を確認しております。

しかも…

「融資マニュアル+資金繰り表テンプレート」
これだけでも、5万円以上の価値があると思っています。
有効に活用することができるでしょう。

ですが、
「本当にこれで大丈夫なのだろうか?」
という不安は払拭できないと思います。

そこで、

資金繰り表の添削(3回まで)

も合わせて行うことにしました。

普通、添削まではしてくれませんよね。
しかも、現役の銀行員が。

最初にお伝えしました通り、私は地域的なものもあり、不動産会社さんとのやり取りが1番多くなっています。

だからこそ、添削もできるのです。

コンサルタントは、おそらくここまでのことはできないでしょう。
(添削したとしても、数十万円のお金はかかるのではないでしょうか)

<添削について>
ご購入日(決済日)より90日以内に限り、3回まで添削致します。
ご利用方法につきましてはマニュアル巻末に記載されております。

「マニュアル+テンプレート+その添削」いくらなら投資してもよいですか?

通常、こういった情報は、マニュアルだけでも最低でも2〜5万円で提供されるところです。

さらに、「資金繰り表テンプレート(不動産会社向け)」と「その添削」まで付いているので、10万円以上しても“普通の値段”だと思います。

実際に融資を担当している銀行員の“本音”を知ることができるのであれば、10万円だとしても、とても安い金額だと私は思っています。

・・・

ですが、お金が必要なときに10万円というと「ちょっと・・・」
となると思いますので、購入しやすい価格に設定しました。

29,800円です。

正直、この値段でよいかどうか迷いました。

なぜなら、
資金繰りコンサルタントにたった1回支払う金額よりも安いからです。

ここまでの内容をもう一度ご覧いただければ、
どれだけ価値のものかがお分かりになると思います。

要は、融資がうまくいけばいいだけです。

 

ここまでくると、通常では考えられないような価格設定だということはお分かり頂けたと思います。

ただ、もっともっと多くの方に「資金繰りで困らない」という状況を作って頂き、本来やるべき仕事に専念して頂きたい。これが銀行マンとしての本音です。

そのためにも、より手軽にご利用頂けるような価格設定にしようと考えました。
・・・そして出た結論が、以下の通りです。

ハッキリ言ってやりすぎですが、事業の健全化に少しでも貢献できるのなら、私としても嬉しい限りです。

本日から3日間限定で、14,800円で提供します。
(通常価格:29,800円)

マニュアル

この価格は、本日から3日間限定です。

14800円

マニュアルの受け取り方法は2種類ございます。

DLとOL
代金決済完了後に、ご記入いただいたメールアドレスへお知らせします。

DLとOL
代金決済完了後に、3営業日以内に配送いたします。
発送梱包費+送料+事務手数料として、2,300円(税込)かかります。
(カラー印刷 片面カバー製本)

インターネットでお申し込みはこちら

電話・FAXでお申し込みはこちら

【お支払方法】
各種クレジット・BitCash・銀行振込・郵便貯金・コンビニ払い・代金引換
各種クレジット・BitCash・銀行振込・郵便貯金・コンビニ払い・代金引換に対応。

【返品特約】
データが壊れている等、商品に欠陥がある場合には交換にて対応致します。
ノウハウを含む「教材」という商品性質上、それ以外の場合には、
いかなる理由がございましても返品・返金には応じられません。

■「ダウンロード販売(PDF版)」での受取方法について

ご購入時に設定したメールアドレス・パスワードをご利用の上でinfotopユーザーマイページへログインし、ダウンロードを行なってください。お支払いが確認できるまではダウンロード出来ませんのでご注意ください。尚、クレジット・BitCashでのお支払いの場合には、ご購入後すぐにダウンロードが可能です。
マニュアルは、PDFファイル形式です。通常のパソコンであれば、ファイル名をダブルクリックするだけで開くことが出来ますが、万が一開けない場合にはこちらからAdobe Reader(無料)をダウンロードしてから開いてください。ご購入後に 「受取方法が分からない」 等のご不明な点がございましたら、こちらからお気軽にお問い合わせください。

■「オンライン通販(配送版)」での確認事項

片面カバー製本 カラー印刷にて製本し、発送代行会社(大阪)から宅配便にてお届けいたします。お届けの時間指定は出来ませんが、ご不在の場合には不在票が入ります。宅配会社へ再配達をご依頼ください。
お申込と同時に、発送代行会社へお届け先が自動的に送信されます。つきましては、お申込後のお届け先変更は出来ませんのでご注意ください。住所不備(マンション名未記載・表札との不一致等)によりお届け出来なかった場合、再発送手数料として1,000円をお客様にご負担頂きます。ご注意ください。
安心の代引(代金引換)もご利用頂けます。お届け時に配達員へ代金をお支払いください。(代引手数料350円が配達時に加算されます)

まだこれだけではありません。

ここまででもかなりの商品内容だと思いますが、融資がさらに上手くいくように、
以下の特典もお付けいたします。

特典@ 銀行に行く前に確認するべき7のチェックリスト

銀行に行くにあたって、ポイントを押さえきれていないままになっている可能性があります。

そうならないためにも、銀行に行く前に確認するためのチェックリストをご用意させていただきました。

銀行に行く前に、必ずこのリストを見て、漏れが無いかを確認してください。

(全1ページ) ※特典は、本編冊子の巻末にございます。

特典A 融資担当者がこっそり電話番号まで教えたくなる印象を良くする方法

融資担当者と仲良くなれるかどうかは、融資が受けられるかどうかの生命線になります。(私が融資担当なので、よくわかります)

融資担当者の印象をよくすることが、とても大切になるのです。
そこで、その方法について、まとめたものを文章としてお送りいたします。

(全1ページ) ※特典は、本編冊子の巻末にございます。

特典3 資金調達コンサルタントたちの嘘っぱち情報をお教えします

世に出回る情報は、本当に危ういです。

たとえ、それがコンサルタントであっても、コンサルタントが書いた記事や書籍であっても、同じです。

だからこそ、銀行から見て「これはおかしい…」という情報をあなたにお伝えしたいと思います。

(全1ページ) ※特典は、本編冊子の巻末にございます。

特典4 融資を受けるための90日間メールサポート

ここまでは、基本的に「すでにある情報」を元に形成したツールをご紹介しました。

ただ、「マニュアルやツールだけでは、まだまだ活用しきれないのではないか?」という疑問がふっと湧きました。

そこで、90日間のメールサポートを特典としてお付けします。

【回数】期間内であれば無制限
【利用方法】ご利用方法はマニュアル最終ページに記載されています。

著者である私と直接やり取りができる権利ですから、本屋さんで売られている書籍では考えられないのではないでしょうか。

普段、銀行で仕事をしているので、即日ご返答することはできません。しかし、あなたからいただいた質問には1週間以内には必ず答えさせていただきます。

(ご利用方法の説明1ページ)

インターネットでお申し込みはこちら

電話・FAXでお申し込みはこちら

【お支払方法】
各種クレジット・BitCash・銀行振込・郵便貯金・コンビニ払い・代金引換
各種クレジット・BitCash・銀行振込・郵便貯金・コンビニ払い・代金引換に対応。

【返品特約】
データが壊れている等、商品に欠陥がある場合には交換にて対応致します。
ノウハウを含む「教材」という商品性質上、それ以外の場合には、
いかなる理由がございましても返品・返金には応じられません。

融資を受ける前に“融資判断の要素”を知っておきませんか?

融資を受けられるかどうかというのは、経営者にとっては大きな不安となります。

私自身、窓口で実際に担当しているので、経営者の方々の気持ちをいたいほど感じています。

だからこそ、今回、
■マニュアル
■資金繰りテンプレート
■3回までの添削
■【特典】7のチェックリスト
■【特典】各種ノウハウ
■【特典】90日間のメールサポート

という内容で銀行の融資方法をご提供させていただています。

もし、あなたが融資を受けたいと思っており、銀行側の心理を知りたいのであれば、
今すぐマニュアルをご覧いただければと思います。

インターネットでお申し込みはこちら

電話・FAXでお申し込みはこちら

【お支払方法】
各種クレジット・BitCash・銀行振込・郵便貯金・コンビニ払い・代金引換
各種クレジット・BitCash・銀行振込・郵便貯金・コンビニ払い・代金引換に対応。

【返品特約】
データが壊れている等、商品に欠陥がある場合には交換にて対応致します。
ノウハウを含む「教材」という商品性質上、それ以外の場合には、
いかなる理由がございましても返品・返金には応じられません。

追伸;

銀行側は本音を言いません(言えません)
だからこそ、銀行からの発言にも気をつけてください。

著者・佐々木

dummy dummy dummy